あきの日記

軽度な精神的病気の和らげかた

04-08 03:07

私自身、
まさか生まれた時から欠陥があるとは思ってなかったです(笑)

鬱は18の誕生日の宣告。
17(高2)に同居の祖母にいきなり他界されました。
というのも、
両親が祖母の癌を隠していたからですが…

おかげで葬儀では全然泣けませんでした。

生きる意味なんぞを考えて、
鬱になった訳です。

私は軽度ながら、
ASD持ちなのを自覚してます。
頑固ですぐ他人を切り捨てるタイプでした。
IBSもあるしorz…

頭の高い親父の、
余計な教育の所為です(怒)

鬱になって困る事に、
「私を誰も見てくれない」
「誰も支えてくれない」
というところ。

そこで「宗教」を利用します。
当然既存の宗教は面倒。
どうするか?
「自分だけの宗教をつくる」

私の場合は
自然、過去に別れた命、物
自分と関わった都合の良いところを使います。

自然、お住まい、別れた命は、
全て私を見てくれています。
そういったものに想いを馳せます。

これだけです。
自分を律する必要なんて要らないです。
意外と身の回りの物は、
ご自身の調子を見てますよ!
本来は逆で、
ご自身が身の回りとの違和感を憶えた時。
ここで手を抜いてみて下さい。

所詮他人も家族も理解してくれません。
社会生活ですらそうですから。

だから
「逃げても良いんだよ」
「干渉が嫌なら、引きこもって良いんだよ」
とご自身に言ってあげて下さいませ。

実は先代のワンコの葬儀、
両親が駄目駄目て私が手配しました。
お骨は今も自宅にあります。

そして先代ワンコは色々忠告や説教してきます(笑)
心の中で…

私達は生に向かって歩いてません。
生まれた直後からカウントダウンされてます。

そこに気付いた方、
魂の繋がりに気付いた方が
上手く生きて行ってると考えてます。

他界されたペットが、
この先ずっとご主人を見守っていますよ!^^

それが愛情です(*^^*)

  • 閲覧49
  • コメント2
絵文字
あきたんぽぽ

当方両親は存命なんです。
84と80。なかなかうるさいですわorz
祖母で命は消えると学んでから、
次からロスは減った気がします。
犬はその後、家を護るらしいですよ!

  • 04-11 19:03

新着日記

NEW
  • みーやん
  • 千葉県
  • 34歳
NEW
  • a
  • 東京都
  • 21歳
NEW
  • だるま
  • 岡山県
  • 32歳
NEW
  • ハンナ
  • 東京都
  • 20歳
NEW
  • 美装屋見習ケイゴ
  • 福岡県
  • 39歳

24時間ランキング

1
  • 誠史郎
  • 海外
  • 100歳
  • 閲覧124
  • コメント2
1
  • みくり
  • 熊本県
  • 32歳
  • 閲覧120
  • コメント13
1
  • れいちゃん
  • 山梨県
  • 22歳
  • 閲覧91
  • コメント4
4位
  • M
  • 海外
  • 47歳
  • 閲覧96
  • コメント6
5位
  • ヒデミン
  • 神奈川県
  • 35歳
  • 閲覧67
  • コメント1
6位
  • れいちゃん
  • 山梨県
  • 22歳
  • 閲覧68
  • コメント2
7位
  • JewelBox
  • 大阪府
  • 52歳
  • 閲覧68
  • コメント2

あき

千葉県 46歳
ちゃんと読んでね
鬱持ち。
高3の誕生日からの長患いです
仕事はドクターストップで無職。
【髪が薄い...
プロフィールを見る
前の日記 2020年 5月
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
アイコンの説明

日記検索

性別
地域
年齢
写真

タイトル・投稿本文・ニックネーム
並び順
新規登録
今登録すると、こんなにお得!
ケータイ&スマートフォンもYYC

拒否します。
よろしいですか?

閉じる
YYCに登録してもっと楽しもう!
登録数1000万人のYYCは、日記のほか募集やつぶやきなど
コンテンツが盛りだくさん!
無料で登録、あなたの出会いをサポートします。
新規登録する

このページのトップへ