ふうやの日記

九本の針 弐 写真あり 

01-05 17:32

「おい、まだいたのか」
数学教師のHの声が響く。

「いや別に、先生水やり?」
こじんまりとした小さめのジョウロを
持つ姿を一瞥してFは椅子を立つ。

「あ、開けといていいぞ」
立ち上がりながら窓を閉める
Fの所作を制止しながら
HがFの側に近づいてくる。
長身痩躯
Fのクラスの担任の教師は
整った顔立ちと併せて
生徒の女子やその母らに人気だ。
運動部の顧問らしく着慣れた
ジャージは若さと相まって
爽やか、という形容詞がよく似合う。
中高、そして大学と
10年越しの付き合いで結婚した妻を
収めた家庭を持つ事も
好漢に足るところなのだろう。

半身を乗り出した窓の下で
サーッという音

風に揺れていた葉が
水を受ける音がする間
Hは口を噤んでいる。

「帰ります」
「ああ、気をつけてな」

「先生」
「ん?」
「それってなんの葉っぱですか?」
「……さあなぁ、なんだろうな」
ほんの僅かな答えの時差に
どんな意味があるのだろうか、

Fはそれを知っている。
人には言わないけれど。

閑散とした校舎に
夕刻のチャイムが響く

誰に何の刻を知らせるのか
いつも思うそんな疑問を
どこかに感じながらFは背を向ける。

「その葉っぱ、5組にもありますよね」
「……そうだったかな」

ジョウロは既に空の筈だ

半身を乗り出したまま
動かないHに背を向けて
後ろ手に扉を閉めた。

色鮮やかな同じその大葉が揺れる
プランター

その違うクラスの担任は
社会科を教える若い女性教諭だ。

いつだったか
校舎裏の駐車場で
Hがその葉を植えた袋を
女性教諭から受け取っていた光景を
思い出しながら
今は軽く滑る扉から手を離す。

閉め切らない扉の隙間の向こうで
Hが視線を空に移すのを感じて
Fは人の気配の無い廊下を
歩き出した。


  • 閲覧38
  • コメント0
絵文字

新着日記

NEW
  • シルヴァ
  • 千葉県
  • 29歳
NEW
  • ようたん
  • 東京都
  • 29歳
NEW
  • みーやん
  • 千葉県
  • 33歳
NEW
  • りこりん
  • 東京都
  • 19歳
NEW
  • 大阪府
  • 49歳

24時間ランキング

1
  • 笑点
  • 海外
  • 100歳
  • 閲覧356
  • コメント0
1
  • 朱雀
  • 東京都
  • 39歳
  • 閲覧276
  • コメント2
1
  • おーけん
  • 新潟県
  • 23歳
  • 閲覧276
  • コメント0
4位
  • ソロ充王子
  • 東京都
  • 47歳
  • 閲覧259
  • コメント0
5位
  • 夏雪
  • 京都府
  • 30歳
  • 閲覧158
  • コメント31
6位
  • みぃぃぃぃぃぃい
  • 海外
  • 77歳
  • 閲覧151
  • コメント47
7位
  • 宮島七碧様
  • 神奈川県
  • 25歳
  • 閲覧148
  • コメント2

ふうや

海外 48歳
誰かの為に自分の為に
誰かが想う
その誰か

切なくて優しくて
それでもやっぱり寂しくて

呟...
プロフィールを見る
前の日記 2020年 1月 次の日記
  •   
  •   
  •   
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
アイコンの説明

日記検索

性別
地域
年齢
写真

タイトル・投稿本文・ニックネーム
並び順
新規登録
今登録すると、こんなにお得!
ケータイ&スマートフォンもYYC

拒否します。
よろしいですか?

閉じる
YYCに登録してもっと楽しもう!
登録数1000万人のYYCは、日記のほか募集やつぶやきなど
コンテンツが盛りだくさん!
無料で登録、あなたの出会いをサポートします。
新規登録する

このページのトップへ