ヨーグルの日記

前を向いていれば・・・

02-13 04:43

泣いても落ち込んでも、前を向いてください。

なぜ前を向くのか。

どんなことがあっても、必ず明日が来るからです。

明日が来るのを止めることはできません。

明日が来るのを止めるのは、時間を止めるのと同じことになります。

時間を止めるのは不可能です。

どれだけ祈ろうと、どれだけ大金を積もうと、どれだけ悪あがきしようと、必ず明日がやってきます。

たとえ全知全能の神様ですら、明日が来るのを止めるのは不可能です。

必ず明日が来るのですから、前を向くしかありません。

車を思い出してください。

前を見ないのは、よそ見をしながら車を運転しているようなものです。

風が吹こうと雨が降ろうと雷が鳴ろうと、前を向くから、安全に車を運転できます。

人生も同じです。

どんなことがあろうと、前を向くから、安全に人生を生きることができます。

元気がなくて落ち込んでいても、心だけは前を向いてください。

前を向いてさえいれば、だんだん元気が出てきます。

希望がなくても、心だけは前を向いてください。

前を向いてさえいれば、だんだん可能性が見えてくるようになります。

たとえ絶望的な状況であっても、悲観せず、心だけは前を向き続けることです。

前を向いていれば、絶望の闇の中から光を見いだせるでしょう。

前を向くために準備は不要です。

意識さえすれば、今すぐ前を向けます。

どんなにつらいことや悲しいことがあっても、前を向きましょう。

どれだけ泣いても落ち込んでもいいですが、前だけは向くことです。

あなたの目の前には、時間が流れています。

前から後ろに向かって、1秒も止まることなく、刻一刻と時間が流れています。

素晴らしいことは前からやってきます。

前を向いておかないと、素晴らしいことをきちんと受け止められなくなります。

前を向くことは、あらゆる希望と可能性を見いだす姿勢です。

だから前を向くのです。

後ろ向きになったところでいいことは1つもありません。

涙がこぼれているなら、さっさと拭いて、顔を上げてください。

おなかがすいているなら、おいしいものを食べて、早く元気を出しましょう。

人生の生き方は「常に前向き」という1択でいいのです。

「意地でも前を向く」と誓ってください。

どんなことがあっても必ず明日が来るのですから、常に前を向くことが大切なのです。
さてさて、心理テストいってみましょ♪

長話をする人を前に、うんざりしています。どうやって、話を切り上げますか?一番近い答えを選んでください。

A:「用事を思い出しました!」と言って立ち去る
B:「トイレに行ってきます」と言う
C:「あっ、もうこんな時間!」と言って話をさえぎる
D:我慢して話を聞き続ける

  • 閲覧5
  • コメント0
絵文字

新着日記

  • きみのふるさと
  • 広島県
  • 81歳
  • まさと
  • 大阪府
  • 50歳
  • MS-09RS☆
  • 北海道
  • 38歳
  • ふうや
  • 海外
  • 48歳
  • T@D㍉さん
  • 東京都
  • 34歳

24時間ランキング

1
  • 桜花
  • 北海道
  • 26歳
  • 閲覧264
  • コメント6
1
  • テ2
  • 京都府
  • 45歳
  • 閲覧213
  • コメント14
1
  • ただの女。
  • 大阪府
  • 40歳
  • 閲覧143
  • コメント4
4位
  • 鯉代&アジョシ
  • 大阪府
  • 55歳
  • 閲覧143
  • コメント10
5位
  • ゆき
  • 千葉県
  • 51歳
  • 閲覧112
  • コメント3
6位
  • 広島県
  • 46歳
  • 閲覧113
  • コメント10
7位
  • 愛知県
  • 31歳
  • 閲覧82
  • コメント8

ヨーグル

奈良県 41歳
楽しいこと探したり、考えたりが好きです♪
メッセージくださる時は「happydayo♪」って入力してから話し出してくださると嬉しいです♪お願いします...
プロフィールを見る
前の日記 2020年 2月
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  •   
  • 1
アイコンの説明

日記検索

性別
地域
年齢
写真

タイトル・投稿本文・ニックネーム
並び順
新規登録
今登録すると、こんなにお得!
ケータイ&スマートフォンもYYC

拒否します。
よろしいですか?

閉じる
YYCに登録してもっと楽しもう!
登録数1000万人のYYCは、日記のほか募集やつぶやきなど
コンテンツが盛りだくさん!
無料で登録、あなたの出会いをサポートします。
新規登録する

このページのトップへ